2010年07月24日

今度はボストン大学からポリフルオロアルキル酸類がADHDの原因ではないかという説が出てきました。

毎度おなじみ、化学薬品がADHDの原因説です。

今回はボストン大学のチームの研究結果です。

元ネタはこちら http://www.medicalnewstoday.com/articles/195450.php

A new study led by a team of Boston University School of Public Health researchers suggests a link between polyfluoroalkyl chemicals (PFCs), industrial compounds which are widely used in many consumer products, and attention deficit hyperactivity disorder (ADHD) in children.

PFCs are highly stable compounds used in industrial and commercial products like stain-resistance coatings, food packaging, and fire-fighting foams. In a 2003-2004 survey, NHANES examined 2,094 blood samples taken from the U.S. population and found more than 98 percent of the sample had detectable serum levels of PFCs, according to the study. Once absorbed into the body, it can take years for some types of PFCs to be partially eliminated.

今回の容疑者はポリフルオロアルキル酸類(PFCs)です。名前からフッ素が含まれている物質であろうことは分かります。

PFCsは産業で使用される非常に安定した混合物であり、汚れ抵抗のコーティング、食品包装、および消火器の泡に使われているそうです。 2003-2004調査では、米国から取られた2,094の血液サンプルを検査した。 98%以上サンプルからPFCsが検出されました。一度吸収すると、体外に出て行くのに数年かかる場合がある。

Published online, ahead of print, in the journalEnvironmental Health Perspectives, the researchers found "increased odds of ADHD in children with higher serum PFC levels." The researchers used data from the National Health and Nutrition Examination Survey (NHANES) to compare the PFC levels found in serum samples taken from 571 children, ages 12 to 15. The parents of 48 of these children reported their children were diagnosed with ADHD, one of the most common neurodevelopmental disorders in children.

で、このPFCの血中濃度が高いとADHDになる確率が上がったという結果がでました。サンプルは571人の12歳から15歳の子供、そのうち48人がADHDです。

The researchers examined the connection between four PFCs, perfluorooctane sulfonic acid (PFOS), perfluorooctanoic acid (PFOA), perfluorononanoic acid (PFNA), and perfluorohexane sulfonic acid (PFHxS) and samples from children in which there were parental reports of ADHD diagnosis.

研究者は4 PFCs間の関係を、ペルフルオロオクタンスルフォン酸(PFOS)、ペルフルオロオクタン酸(PFOA)、 perfluorononanoic酸(PFNA)、およびperfluorohexaneスルフォン酸(PFHxS)およびADHDの子供からのサンプルとで検査した。


この論文も例によって、末文にあくまで相関関係があっただけで、これが決定的な原因であるかはもっと調査が必要とコメントしています。この物質で気になったのはフッ素コーティングのフライパンでしょうかね?神経質になる必要は無いと思いますが。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック