2010年06月18日

スウェーデンで大人に覚せい剤(といってもリタリンやアデラール)を投与することで80%がADHDの症状を制御できたという報告がありました。

日本でも、ストラテラが18歳以上にも処方されるようになるというニュースが先日ありました。これまでは子供だけだったものが成人にも認可されるかもという状況です。海外の事例を探してみたところ、子供だけに認可で成人対象外と言うケースは外国でもあることが分かりました。

ついでに、スウェーデンで大人に覚せい剤(といってもリタリンやアデラール)を投与することで80%がADHDの症状を制御できたという報告がありましたので紹介いたします。

ソース:http://www.postchronicle.com/news/health/article_212307433.shtml

タイトルは「ADHDを持つ大人は覚せい剤を飲むべきか」

Stimulantは辞書を引くと覚せい剤。普通にADHD薬とか刺激薬と訳したほうが無難かなと思いつつ、素直に直訳します。

A team of Swedish psychiatrists found that stimulants relieved symptoms in 4 out of 5 adults with attention-deficit hyperactivity disorder (ADHD).Further, the long-term side effects of the drugs appeared to be few and mild.

スウェーデンの研究グループは覚せい剤がADHDを持つ大人の80%に症状緩和の効果があったことを発見しました。しかも、長期的な副作用はほとんどなかったそうです。

"Adults with ADHD are extremely susceptible to stress, forgetfulness and restlessness. They also have low self-esteem and are often emotionally unstable.""Not that stimulant treatment helps with everything," she added, "but it usually makes life a bit easier for these adults."

ADHDを持つ大人は大変なストレスにさらされているし、忘れ物が多く、落ち着きも無い。自尊心も低く、感情的に不安定である。覚せい剤はまだその全てに効くわけではない。でも、生活を少し楽にしてくれる。

Stimulant drugs, including Ritalin and Adderall, are FDA-approved for children with the disorder.
リタリンやアデラールなどの覚せい剤はFDAによって子供の障害用に承認された。 (うーん、リタリンやアデラールは覚せい剤か?覚せい剤のようなもんだと言えばその通り。やっぱりADHD薬と訳すべきか?)
However, not all of the drugs are approved for adults, as data on safety and efficacy in this age group lag behind those in children.

でも、その全ての薬が大人用に承認されていない。薬の安全性や有効性の大人に対するデータは子供のデータと比べると少ない。

This is crucial hole to fill, note the researchers, especially since an estimated 3 to 4 percent of adults have ADHD -- many of whom are now using the stimulants for extended periods of time.

ところが、3-4%の成人は、子供の頃から使っている薬をそのまま継続して使っている可能性があるそうです。

日本でもストラテラを処方を打ち切られた後に、個人輸入で対応している成人当事者を知っています。リタリンも一部の発達障害クリニックが抵抗したようですが、有名どころのクリニックはたいていマークされてしまったようですね。一部にしぶとくナルコレプシーの診断書を書いてもらって処方されていた人がいましたが、最近ナルコレプシーの診断も強化されました。

By 6 to 9 months into the study, 80 percent of patients had successfully controlled their ADHD symptoms with stimulants.

実験はスウェーデンで行われ133人の成人に覚せい剤を投与しました。6-9ヶ月経過後の調査では、80%の当事者が薬によってADHDの衝動を上手く制御できることが分かりました。

Other treatment options do exist for adults with ADHD, including a non-stimulant medication called atomoxetine (Strattera).However, as Bejerot noted, people tend to find the drug's side effects more bothersome than stimulants.

もちろん、覚醒効果の低いADHD薬として今注目を浴びているストラテラもあります。(ここまでnon-simulant medicationと表記されていますね) しかし、薬の副作用が覚せい剤のそれよりも厄介なものである可能性がある。

今回の実験ではリタリンやアデラールといった覚醒効果のある薬を成人ADHDに用いても、大きな副作用はないという結果でした。一方、ストラテラには程度は不明なら、自殺願望等の副作用があります。もしかすると、一般の人たちの思い込みとは別に、覚せい剤のほうが副作用が小さい可能性があるわけです。

この元論文を是非読みたいところであり、実は元論文へのリンクも貼ってあるのですが、どういうわけか、論文が出てきません。

http://article.psychiatrist.com/dao_1-login.asp?ID=10006909&RSID=91805808584116%3C/p%3E

ところで、この結果を受けたスウェーデンはリタリン等の成人処方はどうなったんでしょうかね?今度、調べてみたいと思います。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック