2014年06月16日

会社の中で最近、自分だけが無視されているような気がする。

会社の中で最近、自分だけが無視されているような気がする。

発達障害の特性から来る思い込みだと思うし、そう思いたい。

一方で、知らないうちに周囲を不愉快にさせていることで本当にそうなってしまったのかもしれない。

毎度のことながら心当たりは無い。無いというよりは気がつかない。

こうなると不安で仕事に手がつかなくなる→仕事が遅くなるの無限ループに嵌ってしまう。

 

幸いにしてサービス残業し放題の会社なので、時間で仕事の遅さをカバーすることで徐々に仕事だけは出来る人物として評価を得るしかない。今までもそうやって来た。今、話題の残業代ゼロ法案は自分のような仕事遅い系発達障害にとってはチャンスだと思うのだが、あまり周囲の発達障害界隈では評価する声が出てこないね。

posted by hati at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 はてなブックマーク - 会社の中で最近、自分だけが無視されているような気がする。

2014年06月12日

正社員であるということは恵まれたことだと思いつつ突然の出張の拒否権が(基本的に)無いから当事者会の運営に支障をきたすんだよな。

勉強だけは出来るアスペルガ−だったために、コミュ障でありながら正社員のポジションにしがみつけている自分であるが、それゆえに業務の都合で出張する必要が多々ある。

前もって計画をもってその予定が立っていれば良いわけであるが、そこは仕事。突発的な出張予定が入ることは少なくない。幸いにして突然の予定変更への耐性はそこそこあり、パニックに陥ることはあまり無い。土日に出社する必要があることも多々あって、ネマールの副代表としての活動に制約が大きいのが問題となっている。そこで、ほかの人に副代表を代わってもらう話になった。もう少し突発的な変更が無い業務内容なら代表を務めることも出来るんだろうが・・・

posted by hati at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 はてなブックマーク - 正社員であるということは恵まれたことだと思いつつ突然の出張の拒否権が(基本的に)無いから当事者会の運営に支障をきたすんだよな。

2014年06月08日

「力を抜く」ということが良く理解できない

今日は会社の野球部の応援に行った。

個人的には球技は大の苦手でまったくもってよい思い出が無いが、野球を見るのは好きなので応援に行くのはよいかなと思った。

球技がなぜ下手なのかはいまだに不明である。

思い当たる節として、マッサージ士に以前指摘されたところによると、自分は非常に肩が凝っている状態なのだそうだ。しかし、自分には自覚がまったく無い。あと、心電図をとるときにも力を抜けといわれ続けて終わらないといわれるなど、どうやら力を抜くということが出来ないようだ。

球技なども力を抜くべきところは抜くのが肝心だと思われるがそれが出来ないのでうまく行かないのかなと思った。

もっとも、いまだに力を抜くというのをどうやってやるのか理解できないのだが。

posted by hati at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 はてなブックマーク - 「力を抜く」ということが良く理解できない