2011年01月27日

発達障害の社会生活上での困難さは仕事・学校・家庭と多岐にわたる。いずれも支援の網から「すり抜けて」しまい社会的な圧力だけがどんどん当事者に掛かっている状態だ。

イイトコサガシ主催にして開催された東京の発達障害者シンポジウムはUstreamにより上映されアメリカからも視聴することが出来た。

内容は下記にまとめてある。

第1部 http://togetter.com/li/92230 第2部 http://togetter.com/li/92482

ここでは第一部について紹介したい。

第一部概要

講演者について

第一部の講演者、高森は「漂流する発達障害の若者たち」の著者である。 その著作は花風社の浅見社長も絶賛したほどの内容である。 その特色は発達障害そのもの説明・解説を抑え、そのような人たちの社会生活で生じる困難およびそれに対応する社会対応提言が主である。

発達障害と社会性に興味を持った理由。

もともと発達障害活動を行っており、そこに来る発達障害者たちが発達障害としての支援を受けていたわけでもその他の障害者としての支援も受けていたわけでもなかったことに気が付いた事。また、歴史の中に記録に残らない人たちの歴史にも興味があった事。そこから転じて障害者支援に引っかかってこないような障害者もいるはずだと思った。何らかの障害の診断は付く。ただし、発達障害等目に見えにくい障害を持っている。そう言う人たちの事をグレーゾーンと定義した。彼らは労働と福祉の狭間に落ち込み、支援にも福祉にもつながらない事が多い。この発達障害は日本では21世紀になってから本格的に支援が始まりこれから支援が始まろうとしている。だから、それ以前には大量の支援を受けられなかった当事者がいることになる。

発達障害とは

たとえば、

(1)学力は高いんだけれどコミュニケーションに難があったり

(2)話は流暢なんだけれども計算が苦手だったり
簡単に言うと「アンバランス」。

知的障害とは

人口の2.27%が知的障害と言われているが、厚生労働省による50万人くらいしかいない。
普通学級にも2%程度の知的障害児がいるようだが、発達障害と紛らわしいこともあり、支援の対象になっていない。たが、これらの隠れ知的障害者は社会福祉から漏れているために、貧困問題等でかなり不利益が集中している。

精神障害者について

平成11年から21年までの間の統計で、通院治療の精神障害者が増大していた。彼らは福祉や社会保障のサポートが希薄。労働と福祉の宙吊り状態になっている。

発達障害者の社会福祉について

派遣村で有名な湯浅さんの調査によると、仕事を失い家を失い、しかし社会福祉にありつけない発達障害者がいることが分かった。発達障害においては、「なんとなく仕事を転々としている」と言う人が多い。発達障害が職場で苦労している点として「人間関係が不器用である」「仕事を覚えるのに時間がかかる」これらの理由から職場で孤立したりクビになりやすい。これらの結果、労働市場で歓迎されず、何度も転職を繰り替えすことになる。また、労働市場に出る自信が無い。一回は出たのだけれど、打ちのめされてしまったという人も多い。2008年に横浜市のアンケート。企業の83.3%はニートや失業状態にある若者は雇用する気が無い。つまり受け皿がないのに、「働け」という圧力だけがどんどん掛かる。これが発達障害等グレーゾーンにある障害者の置かれている状況。

学校での発達障害

普通学級には目に見えやすい障害者はあまり参加していない。しかし、誰か一人はいじめられ役になることになる。その役割は現在の枠組みは発達障害や軽度知的障害が選ばれる事が多い。ただ、彼らは先生に相談をしても「貴方がみんなとあわせないからイケナイ」のようになって救われず、家に帰っても親からも虐待されるなどという事態で家にも学校にも居場所がない。発達障害者のアンケートでは「普通学級に放り込まれて辛かった」という回答が多かった。仲良くする事を強制されるなどが苦痛だったという意見もあった。
一方、普通学級に存在して有意義だったと言う意見もある。
自閉症で普通学級に進学したモリグチナオミさんの意見。「自分はたくさん勉強したかった。だから、普通学級にいけてたくさん勉強出来て良かった」ただ、いじめにあったりもしたし、また集団訓練の練習ばかりやらされるのが苦痛だった
逆に人間関係では苦しまなかったが、学業で足を引っ張られたケースもある。
その場合には「学習障害」と呼ばれる。ナグモアキヒコ氏の場合には、人間関係は良かったが、勉強が理解できない。4つの学校を転向して、最後は通信制の学校に行って卒業にたどり着いた。彼の場合には合わない学習スタイルで無理に学習。それが結局自分はダメなんだと言う低い自己評価につながり、最終的にバーンアウトした。学びたい事も学べず、有意義な経験をつめないまま義務教育を終えていく、「すり抜けていく」子供が発達障害には多い

家庭における場合

2001年から2006年の愛知での統計によると578人の虐待児中24%が広汎性発達障害 20%がADHD。ただ、虐待の影響でそのような症状が出ているかもしれないので、数字が高めに出ている可能性も有る。女性で家事に苦しむ当事者もいる。DVの被害者になるケースも多い。一度主婦になってしまうと、高賃金の仕事はてにはいりにくくなるため、DVから逃げられない状態がある。

日本では家族福祉への依存度が高いために、家族との関係が悪かった場合には十分な教育・福祉を受けられなくなる。そして、本人が結婚した場合にはその負担が非常に大きくなる

グレーゾーンの障害者は不利益が集中しやすい。彼らに対するセーフティネットを作る事で、発達障害だけでなく、一般のいじめ、孤立、就労等に対する対応につながる。

感想

「発達障害入門」と言うべき内容であり、発達障害について知らない人々への理解の分かりやすさはさすがである。発達障害者の特性。そして、彼らが置かれている状況に付いての的確な分析が光った。個人的に琴線に触れた発言は学校部分における「学びたい事も学べず、有意義な経験をつめないまま義務教育を終えていく、「すり抜けていく」子供が発達障害には多い

これに関しては私も以前に気になった資料があり気になっていた。それは「成功体験」「達成感」である。下図はJリーク選手の誕生月分布である。早く生まれたほうが成功体験が積めるから有利なのだという。4月に極端に偏っている事が分かる。

Jリーク選手の誕生月分布。早く生まれたほうが成功体験が積めるから有利なんだって。想像以上に差があって驚いた。

これは日本に限らない。下図は各国におけるサッカー選手の誕生月が1年を4等分した際にどのクオーターに属するかの表である。http://ow.ly/3kjZn

image

このように成功体験の積み重ねが人間の能力成長にいかに大きな影響を与えているかを考えると、発達障害であるがゆえに成功体験を得る事なく「すり抜けて」しまうことの損失は非常に大きなものとなるのではないだろうか。

最後に、高森氏は湯浅氏とともに行動した事があるため、指摘する事項が湯浅氏と重複している点が多く、主張にオリジナリティが感じられなかった。今回は導入であり氏の本論である具体的な支援内容への言及が非常に乏しかったことが理由であろう。今回のシンポジウムにおいて「発達障害って何?」というレベルの人は少なかったであろうから、導入部分を削って支援内容への言及が欲しかった。

今回の講演は「気付き」を与える点で非常に良いセミナーであった、受講者たちも「ふーん」で終わらずに「では、どうすれば良いのだろうか」にまで踏み込んで考えて見て欲しいと思う。私の考えに付いては後日執筆予定の第2部の感想で述べたいと思う。

posted by hati at 09:43 | Comment(0) | 雑記 はてなブックマーク - 発達障害の社会生活上での困難さは仕事・学校・家庭と多岐にわたる。いずれも支援の網から「すり抜けて」しまい社会的な圧力だけがどんどん当事者に掛かっている状態だ。

2011年01月22日

1/2313:00-16:00 東京の発達障害当事者会のイベントがネット中継。私もこれで見る事が可能になったので、当日はTwitter実況を行いたいと思います。ハッシュタグは#iitokosagashi です。

前回紹介したイベントが満席になったそうです。

そこで、この講演会がインターネット中継されることになりました。

中継先は http://ustre.am/kPVF

私もこれで見る事が可能になったので、当日はTwitter実況を行いたいと思います。

ふだん使っているTwitterアカウントだと、興味が無い人たちのTLまで埋めてしまうので、

別の実況用アカウントで実況します。

Twitterのハッシュタグ検索で #iitokosagsahiをチェックしていただければ、当日実況が見られると思います。また、Twitterをお持ちの方もぜひ、感想等をハッシュタグ#iitokosagsahiを付けてつぶやいてみてはどうでしょう?

http://search.twitter.com/search?q=%23iitokosagashi

●内容●

1月23日(日)高森明さん講演会&成人(大人)発達障害当事者会の夜明けシンポジウムIN豊島区開催
13時00分:開会のあいさつ
13時10分:高森明さん講演会
14時10分:質疑応答
14時30分:休憩
14時50分:「成人(大人)発達障害当事者会の夜明けシンポジウム」
出席者
高森明さん(「漂流する発達障害の若者たち」著者)
にゃんまげさん(発達障害を一緒に語る会:主催者)
HIROMIさん(アスペルガー・自分の説明書:代表)
冠地 情(東京都成人発達障害当事者会「Communication Community・イイトコ サガシ」運営スタッフ)
15時50分:質疑応答

 

以上です。

posted by hati at 05:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 はてなブックマーク - 1/2313:00-16:00 東京の発達障害当事者会のイベントがネット中継。私もこれで見る事が可能になったので、当日はTwitter実況を行いたいと思います。ハッシュタグは#iitokosagashi です。

2011年01月10日

今日は日本での発達障害活動を紹介。発達障害って何?という方から、成人発達障害当事者会を良く知りたい、自分もやってみたいという人まで面白い話を聞ける会だと思う。

このブログではアメリカの発達障害当事者会の様子を紹介する事を目的としていたのだが、実際のところ地方都市ではそんなに頻繁にイベントがあるわけでもなく、また雪が降っている時期はお休みである。

ふと、日本に目を向けるといろいろ活動が増えているようで興味深いところだ。

今日は@iitokosagashiから日本でのイベントを教えていただいたので紹介する。

 

今日のネタ元:http://iitoko-sagashi.blogspot.com/2010/12/123in.html

発達障害って何?という方から、成人発達障害当事者会を良く知りたい、自分もやってみたいという人まで面白い話を聞ける会だと思う。漂流する発達障害の若者たちの著者である高森氏の講演と成人当事者自助会の運営者たちの講演から構成されている。ここでは、登壇者たちの活躍ぶりについて、解説を行ってみようと思う。

高森氏について

高森氏の著作は、花風社の浅見社長も絶賛したほどの内容である。その特色は発達障害そのもの説明・解説を抑え、そのような人たちの社会生活で生じる困難およびそれに対応する社会対応提言が主である。「発達障害者が」どうするべきかよりも社会政策的な側面に注力している点。その点で他の当事者本とは一線を画す書である。

簡単に内容を触れてみよう。

前述のように当事者向けというよりも、社会政策を考える人や支援者向けの側面が強い本である。得に、非当事者には理解しづらい社会生活の中で生じる困難、特に学校を卒業してからの困難について詳細かつ平易な文章で説明されている。逆に言うと当事者が読むとフラッシュバックする可能性がある本なので、注意が必要。

発達障害の人は、下記の問題点があるがゆえに就職・転職・継続性に問題が発生する人もいる。

- 空気が読めない (会社のタブーに触れてしまったり、職場内で孤立しやすい)

- 締め切りに間に合わせられない。約束時間に到着できない。作業が雑。

- 疲れやすい。怠けているように見える。などなど。。。

こういう問題ゆえに、労働市場等で不利になりやすい。では障害者向けの福祉を利用できるかというと難しい。こうして不安定な状況におかれてしまう発達障害への支援・セーフティネットに付いて論じている本である。

個人的な意見としては発達障害は障害そのもの以上に2次障害の悪影響が大きいと感じているが、労働学と精神医学の連携は日本ではほとんど全く進んでいない(ようにアメリカ住まいの私には見える)

また、浅見氏も指摘しているように,「不安定就労が解消する世の中になればいいというのには私も異論がありません。ただ、それほど易しくないと思っています。グローバル経済の時代、国内の労働者は国内だけではなくより賃金の安い国々と見えにくい競争をしています。この傾向が弱まるとはどうしても思えません。」という点は気になる点であり、その部分との整合性をどのように取っていくのかに全く触れられていない点には不満が残る本でした。

そんな高森氏に直接質問をぶつけられる良い機会だと思うので、誰か興味を持った方、私の代わりに上記の質問をぶつけてください。本自体もこれまであまり触れられてこなかった、理解されてこなかった「成人当事者が欲する社会的な支援」などに触れており、当日も興味深い話が聞けるものと期待する。

にゃんまげさん(発達障害を一緒に語る会:主催者)について

今回のセミナーでは高森氏の他に発達障害自助会を運営している3方も講演をするという。HIROMIさんは存じ上げないので割愛する。

自助会は難しい。アメリカでは参加者が銃をぶっ放してみたり、覚せい剤取引の現場に会が化しており警察に踏み込まれたなどという噂も聞く。日本でも会が荒れやすくすぐに無くなってしまう事が多い。そのような状況下で、にゃんまげさんは私が把握する限り2007年から自助会活動を継続して行っている主催者である。途中数多くのトラブルに見舞われているが、すべて切り抜けて今日に至っている。それどころか、最近では大阪にもその活動の幅を広げている。彼の口からは長期間にわたって会を維持していくコツなどのノウハウが聞けるのではないかと期待する次第である。また、発達障害者だけのシェアハウスや、webラジオ「ギラっと生きる」など、斬新な試みを次々を繰り出す発達障害界のイノベーターである彼の動向には今後も注目である。

冠地 情氏(東京都成人発達障害当事者会「Communication Community・イイトコサガシ」運営スタッフ)について

会を開始して1年半弱、その短い間にあっという間に名前の知られる存在になったイイトコサガシの主催者、それが冠地氏である。その圧倒的なスピードには驚くばかりである。スピードだけではなく、その引率力、議論での突破力も凄く、まさに発達障害界の暴走超特急である。日ごろ、社会のチンタラとした緩慢な動き・反応に苛立っている当事者の胸をスッとさせるそのスピード感を一度体感して欲しい。と、同時に誰もが気になる「そんなスピードで突っ走って何処に行く?」に対する答えを当日聞かせてくれるのではないかと期待する次第。今回のイベントも氏の企画。今回の企画だけにとどまらず、今後どんな企画を出してくるのか非常に楽しみである。

まとめ

以上、講演者に対する私見を述べた。日本にいたら間違いなく参加したであろう会だが、残念ながら私はアメリカにいるので参加できない。発達障害って何?という方から、成人発達障害当事者会を良く知りたい、自分もやってみたいという人まで面白く聞ける会だと思う。興味を持ってかつ1月23日(日)13時から16時半に東京都豊島区に行ける人は参加してみると良いのではないだろうか。

詳細は http://iitoko-sagashi.blogspot.com/2010/12/123in.html を参照してください。

以上

posted by hati at 06:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 はてなブックマーク - 今日は日本での発達障害活動を紹介。発達障害って何?という方から、成人発達障害当事者会を良く知りたい、自分もやってみたいという人まで面白い話を聞ける会だと思う。

2011年01月05日

アメリカにおけるADHD医療体制の問題は各医局・薬局間の連携不足であるという記事。日本の場合も医療と学校もそうだけど、小学校と中学校での支援の連続性とか、どのように対処して行くのが良いんだろう?

(元記事) http://www.medscape.com/viewarticle/734976

Medicaid-Funded Treatment for Pediatric ADHD Failing

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

昨年末にアメリカのMedicaid向けのADHDについて論じた記事が公開されました。アメリカといえば、貧弱な医療保険が問題となっていますが、その対象は中間層であり、貧困層や高齢者、子供にはMedicaidと呼ばれる政府の医療保険プログラムが用意されています。今回紹介する記事はそのMedicaidにおけるADHD対策に関するものです。

アメリカといえば、リタリン処方が多い事で有名ですが、そのような薬物処方の充実の一方で、その他のサポートが不足しており、そのため薬物投与による変化をカウンセラーが見極めるチャンスが無いという問題点があると本記事では指摘しています。また二次障害によるメンタルヘルスケアも重要と思われますが、Medicaidにおける精神科との連携もうまくいっていないと指摘しています。

Lack of Coordinated Care

Information was collected for all participants from Medicaid service and pharmacy claims data and school records. In addition, parent and child interviews were conducted in homes, with follow-up telephone surveys given approximately 6 and 12 months later.

Results showed that 34% of all participants received no care of any type during the 6 months before the baseline interview, and 44% received no care between the 6- and 12-month follow-up time points. Among those in the primary care group only, 52% received no care between the 2 follow-up times.

A total of 13% to 20% of all participants did not receive any care for their ADHD diagnosis during the time points.

There was little crossover between the 2 sectors, meaning none of the children who began treatment in primary care had additional contact with specialty mental healthcare, and vice versa.

"This prevented the 2 sectors from coordinating care and shows that more efforts are needed to improve this coordination," said Dr. Zima.

ADHDと診断された子供たちのうち13〜20%は調査期間中、何のサポートも治療も受けていない。また、診てもらってもその受診間隔は広い。プライマリケア(欧米で良くある最初に見てもらうかかりつけのお医者さんの事)の段階ではメンタルヘルスケアとの連携はほとんどない。

Failure to Meet Institute of Medicine Standard

In primary care, 80% to 85% of the children had at least 1 stimulant prescription filled during 1 of the study time points, which is recommended care for ADHD, and 95% to 98% had at least 1 psychotropic medication filled. A total of 22% to 26% received a stimulant plus other type of psychotropic.

"That there were only 1 to 2 follow-up visits a year by the children in primary care is a concern because those receiving stimulant medication require more frequent monitoring," explained Dr. Zima. "We also anticipated higher rates of stimulant use in the mental health clinics."

Instead, "the rates of stimulant medication treatment in primary care clinics was consistently at least 2.8 times greater than that found in specialty mental health programs over the 3 time intervals," the authors write.

Finally, behavior therapy or parent training documentation was missing in the agency databases for both sectors.

"Care for childhood ADHD in the [studied] Medicaid program failed to meet the Institute of Medicine's definition of quality that requires 'consistency with current professional knowledge' and 'improved likelihood of destined health outcomes,' " the authors write.

アメリカらしく薬の処方は高率です。8割強が少なくとも1回はリタリン等のADHD向け薬物処方を受けており、精神薬の処方率も高い。併用している人も結構いるが、前述のように診断を受ける間隔は半年以上空く子も多い。薬を飲んでいるのに診断の間隔が空きすぎたと問題点を指摘する。著者によるとメンタルヘルスプログラムの2.8倍の頻度で薬物治療を受けていると。

Room for Improvement

Areas identified for needing quality improvement included "alignment of clinical severity with provider type, follow-up visits, stimulant use in specialty mental health, agency data infrastructure to document delivery of evidence-based psychosocial treatment, and stimulant medication refill prescription persistence," they add.

(中略)

These findings also strongly suggest that we need to do a better job of supporting our families of high-risk kids, to help them follow-up with their visits, and that we have much more work ahead of us to help improve medication adherence.

改善点として、薬物の処方に対して厳格な基準を設けることが必要だと主張しています。

厳格な基準といわれると、日本でのリタリン禁止騒動、その後のリタリン系列の薬物が処方できる医師の登録制度などの話題が思い出されますね。アメリカは薬局と医師が完全に分離しているので、処方箋さえ入手してしまえば、医者の手の届かない薬局で薬物を購入できるシステムになっているために、医者にめったに掛からないが薬物治療は頻繁に受けているという状態ができてしまうのでしょう。薬局は24時間営業も多くマクドナルドのようにドライブスルーまで有っていつでも行けますが、医者はそうは行きませんからね。。日本は薬局が病院内にあったりして連携が取れていますから、医者にかからずに薬だけ長期間飲むということは防げていそうです。逆に日本の場合、薬の入手が難しすぎて医者に患者が殺到している状態だったりしますが、これは濫用目的との兼ね合いもあるのでバランスが難しい。

さて、日本でもADHDが認知されて診断が下りたという人をちらほら見かけるようになりましたし、学校でも支援体制が徐々に整ってきているようです。ただ、連続的なサポートという点では小学校→中学校への進学に伴って切れてしまう可能性が懸念されます。また、日本の財政、各自治体の財政を考えてもこれ以上の大幅な出費増はかなり苦しい状態です。その点では個々の学校に支援を義務付けるよりも、重点支援校を指定して、そこにノウハウと連携を集めたほうが充実した支援ができそうです。そうすると学校が遠い!とか、無理やり支援の整っていない学校に通わせる親などといった問題が出てくるわけですが。。。