2010年04月06日

マリファナをADHDの治療に用いるアメリカのケース

マリファナをADHDの治療に用いる米国のケースを紹介します。

元記事は下記リンクです。

http://hempnews.tv/2010/01/23/marijuana-in-the-classroom-sometimes-its-legal/

Ritalin used as a recreational drug too
A similar problem has been reported with the prescription drug Ritalin, a stimulant used to treat Attention-deficit hyperactivity disorder (ADHD) - mostly among boys and young men. But as a recreational drug, Ritalin is known as "Vitamin R" or "R-Ball" - used to stay awake at exam time, to help lose weight, or together with alcohol and other drugs to prolong partying. It can produce effects similar to cocaine and amphetamines.

A study cited by the US Department of Education showed that of 6,000 high school students surveyed in Massachusetts, 13 percent were found to have abused Ritalin. The same study found that 4 percent of middle school students had also abused Ritalin.

日本でのリタリン規制の原因にもなったように、アメリカでもリタリンを娯楽用に用いるケースが数多く報告されているようです。試験時の集中力UPに目覚まし用に、少年たちに用いられています。マサチューセッツ州の調査では、高校生の13%、中学生の4%がリタリンを乱用していたという結果です。

Earlier this month, New Jersey became the 14th state to legalize medical marijuana.

ニュージャージー州では最近、14番目のマリファナ合法州になった。もちろん、医療用などの制限はありますが。

Marijuana used to treat ADHD
At the same time, doctors have become more inclined to prescribe marijuana (as an alternative to Ritalin) for children diagnosed with ADHD.

It's a controversial trend among medical practitioners.

"It's safer than aspirin," Dr. Jean Talleyrand told the New York Times. Dr. Talleyrand is a marijuana advocate who founded a network of 20 clinics in Oakland, Calif. which dispense medical marijuana - including to teenagers diagnosed with ADHD.

マリファナがADHD治療に用いられるようになると一部の医者が主張しています。マリファナは毒性が低いといわれており、痛み止めに使われるアスピリンよりも安全だという。この医者はADHDのマリファナ療法の診療所を複数運営している。そこでは未成年へのマリファナ投与も行われているようだ。

But Stephen Hinshaw, the chairman of the psychology department at the University of California, Berkeley, calls it "one of the worst ideas of all time."

He cites studies showing that the active ingredient in cannabis disrupts attention, memory and concentration - already issues for people diagnosed with attention-deficit disorder.

もちろん反対意見も有り、麻薬による記憶の混乱、集中力低下などのあく盛況があるという指摘もある。

リタリンもすごく効く人とそうでもなかった人がいましたから、マリファナに関しても同様の傾向だと思います。個人にあった薬を提供する観点からは、いろいろな薬剤の可能性があったほうが良いと思います。

 一方、前半の「高校生の14%がリタリン濫用」という調査結果を見ると、この手の薬を「必要な人に渡しやすく」かつ、「必要ではない人には渡らないように」することの難しさを突きつけられます。日本でもかなり強権的にリタリン規制を行いましたが、そうしないと不正な濫用者をシャットアウトできないという考え方なのでしょう。患者の利便性と、濫用者の不正の困難さ、どちらを優先すべきなのか。アメリカは自己責任論に基づき前者優先。日本は規制大好き主義なので後者優先という現状なのでしょう。