2010年03月20日

標準化した教育ではなく、生徒各自に個別化して各自に合った教育にするべきだというアメリカ人の主張

今回の記事はビデオ付きです。英語が理解できる方は是非ビデオもご覧ください。元記事はこちらです。

ADHDや発達障害と直接の関係はありませんが、今後の教育がどうあるべきかついて述べている記事です。

主張は「標準化した教育ではなく、生徒各自に個別化して各自に合ったものにするです。日本は今、詰め込み教育とまでは行きませんが、ゆとり教育の反動が始まっています。教育が変わろうとしている今だから、教育はどうあるべきか議論する余地があると思います。

この記事には「どうすれば、個別化できるの?そのリソースは?」という問いに対する答えとして、「すばらしい先生、すばらしい親、すばらしい指導者」が必要であると答えています。3者の協力なくして、そのような教育の実現は難しく、今後親の役割がますます増していくことになるでしょう。

発達障害児に個別の指導員をつけることが始まっていますが、どうして発達障害児だけなのでしょうか。先生が頼りないと思われるとか難癖をつけて日教組あたりが反発しそうですが、複数担任制をもっと導入して多様化を促進しても良いと思います。分からないことはGoogle先生が知っているのです。何でも覚える必要がある時代は終わったと思います。覚えるのが得意な子だけが覚えて、違うことに才能がある子はそちらにリソースを割く教育が今後必要になるのではないでしょうか。

What is the argument? In a nutshell, it's that we're all born with immense natural talents but our institutions, especially education, tend to stifle many of them and as a result we are fomenting a human and an economic disaster.

この文章における課題としては、多くの才能を持って生まれてきた子供が、教育によってその才能を限定される。もちろん、それはシステム化された世界における最適化なわけて、「最低限の効率で最高の成果を出す」ためには必要なことだったと思います。筆者は「このことが人間と経済の荒廃を招いてきた」と指摘しています。

In education, this vast waste of talent involves a combination of factors. They include a narrow emphasis on certain sorts of academic work; the exile of arts, humanities and physical education programs from schools; arid approaches to teaching math and sciences; an obsessive culture of standardized testing and tight financial pressures to teach to the tests.

その理由として、「切り捨てられた多くの才能が無駄になっている」と指摘しています。要するに、テスト至上主義で文化的、芸術的な素養が失われているということですね。

The waste of talent in education is not deliberate. Teachers are as anxious about this as everyone else, but many of them feel trapped in the awkward groping of national reform policies, many of which misunderstand the problems as well as the solutions. The waste of talent isn't deliberate, but it is systematic.

この才能の喪失は学校の先生が意図的にやってるものじゃない、古い教育システムによってもたらされている。新しい革命的なシステムが必要だと主張しています。

This new culture has to emerge from a richer sense of human ability. To shape it, I believe we have to leave behind the manufacturing principles of industrialism and embrace the organic principles of ecology.

Education is about developing human beings, and human development is not mechanical or linear. It is organic and dynamic.

Like all living forms, we flourish in certain conditions and shrivel in others. Great teachers, great parents and great leaders understand those conditions intuitively; poor ones don't. The answer is not to standardize education, but to personalize and customize it to the needs of each child and community. There is no alternative. There never was.

新しい教育は各自の優れた能力に注目してそれを伸ばすことに注力する。標準化した教育ではなく、生徒各自に個別化して各自に合ったものにする。

The good news is that all around the world there are wonderful examples of people and organizations that are making determined efforts to do things differently in education -- and in business, health care, architecture, communities and cultural programs.

There's a wealth of talent that lies in all of us. All of us, including those who work in schools, must nurture creativity systematically and not kill it unwittingly.

今、世界中でその取り組みが始まっている。多くの才能は子供だけではなく、教える側の先生にもあるのです、これが決まった教育の指導システムだからということで、先生各自にある独自の教え方の才能を封じ込めずに、各自それぞれが才能とアイデアを発揮して充実した教育を実施して欲しいですね。

posted by hati at 05:16 | Comment(1) | TrackBack(0) | 雑記 はてなブックマーク - 標準化した教育ではなく、生徒各自に個別化して各自に合った教育にするべきだというアメリカ人の主張

2010年03月19日

フタル酸エステルとADHDの発症率に相関ありという記事。日本も平成14年に規制したが、完璧とはいえない。

この記事は、毎度よくある化学物質が発達障害の原因説です。

今回の犯人はフタル酸エステルです。元記事はこちら

フタル酸エステルは環境ホルモンとして有名です。EUなどあちらこちらで規制が検討されていますが、マニキュアなどのボディケア商品を含めるローション、ペットボトル、食品包装などの液体石鹸、シャンプー、香水、アイシャドウ、食品関連の製品、錠剤やサプリメント、医療用カテーテルや輸血装置の腸内コーティング、接着剤、潤滑油など、材料、建築用洗剤、塗料、繊維あちらこちらに使われています。

それでも、子供や妊婦が使用するものからフタル酸エステルに対する規制がアメリカでも進められています。

The study showed that mothers with higher concentrations of low molecular weight phthalates reported poorer behavior in their
children. The behavioral indicators were highly consistent with conduct and reasoning problems associated with ADHD and Oppositional
Defiant Disorder.

実験は妊婦の尿内のフタル酸エステルを分析し、その後追跡調査。その結果、フタル酸エステル量と子供のADHD率に相関が見られた。

Phthalates are considered endocrine disruptors because they interfere with the body's delicate and very essential hormonal
system. In test animals, phthalate compounds have altered reproductive anatomy and function. Research is also beginning to link
endocrine disruptors like phthalates to auto-immune disorders and obesity.

Children face heavy exposure to phthalates from conception onward. The effect of these chemicals on physical, cognitive and
emotional development is only beginning to be understood.

環境ホルモンである内分泌かく乱物質が、子供の免疫制御に悪影響を与えていると理解され始めています。そして、子供の肉体的、認知的、感情的な発達に影響を与えていると議論されています。

化学物質犯人説は何度も出ては否定されの繰り返しですが、この物質だけはクロだと思われているのが各国で規制が行われています。

日本・アメリカ・EUでの規制一覧。

http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/02/dl/s0213-10j.pdf

ただ、日本で法律が施行されたのは平成14年。それ以前の子供向け製品には使われていた可能性が高いでしょう。また、妊婦の体内にあるフタル酸エステルが影響するとなると、体外に排出されるまでの時間を考えると実際に効果出るまでには時間が掛かると予想されます。また、子供向けは規制されていますが、その他一般への規制は緩いです。代替となる安価な材料がないため、なかなか規制強化出来ないのが現状です。

脳波測定を行いながらゲームをしてもらうことで、ADHDの衝動性、不注意の発生タイミングを検出・解析し、個人差の激しいADHDがそれぞれ各自に適切な衝動性抑制の手法を得る技術が報告されました

Biofeedbackとは脳波や血圧などを手がかりに自分の体調を制御する方法のこと。
普段は気が付かないような微妙な体の変化を手がかりとします。
今日紹介するのは、そのBiofeedbackによるADHDへの対処です。
脳波測定を行いながらゲームをしてもらうことで、ADHDの衝動性、不注意の発生タイミングを検出・解析し、個人差の激しいADHDがそれぞれ各自に適切な衝動性抑制の手法を得る技術が報告されました。

元リンクはこちら→ Biofeedback Helps Kids with ADHD

Professor Karen Pine and assistant Farjana Nasrin studied the benefits of EEG (Electroencephalography) biofeedback, a learning strategy that detects brain waves, on ten children with an attention deficit from Hertfordshire schools.

They used a system called Play Attention, supplied by not-for-profit community interest company, Games for Life, three times a week for twelve weeks.

日本でもクリニックで受診できる脳波測定をイギリスの研究者も行っています。日本では診断に用いられることが多いですが、この研究は一歩進めて

その脳波を分析して日常生活の助けになるヒントを探しています。

The system involves the child playing a fun educational computer game while wearing a helmet similar to a bicycle helmet. The helmet picks up their brain activity in the form of EEG waves related to attention. As long as the child concentrates they control the games, but as soon as their attention wavers the game stops.

The researchers found at the end of the study that the children's impulsive behavior was reduced, compared to a control group who had not used the system.

頭に脳波測定のヘルメットをかぶせてゲームを行います、ADHDの子供の中には飽きっぽい子も多いので、ゲームをすぐ止めてしまう子もいます。

そのゲームを飽きて止めるまでの脳波の状態観察しています。

"Children with a diagnosis of ADHD find it hard to control their impulses and inhibit inappropriate behavior," said Professor Pine. "This can lead to educational and behavioral difficulties. The Play Attention method may prevent long-term problems by helping the children to be less impulsive and more self-controlled."

"Mind-controlled educational computer games technology is the only intervention shown to reduce the core symptoms of ADHD, historically medication may have been prescribed for the child."

衝動性の制御が出来ないために、不適切な行動の制御が出来ないADHD。衝動性が発生しやすいのはどういうときなのか、個人個人にあった傾向をつかむこのゲームによって、衝動性を押さえ自己制御性をあげるための手助けになる。